テレワーク NO MORE

266_1.gif
266_2.gif
もともとアニメーターはテレワークに適した仕事で、多くのフリーランスのアニメーターは、コロナ前から自宅作業をしている人が多いです。
今回の騒動でも影響の少ない仕事のひとつではないでしょうか。

私も長年フリーランスで仕事をしていますが、正直言って自宅での作業は苦手です!
理由はいくつかありますが、仕事と私生活の切り替えがうまくできない、周りが趣味のものだらけで誘惑が多すぎる。1時間だけちょっと息抜き・・・が気が付けば4、5時間たっていた、なんてことはザラです。

なのでちゃんと仕事をしなければならない時はスタジオに席を用意してもらって、そこで仕事をせさてもらってきました。仕事場は仕事以外することほとんどないですからね。

ところがコロナですよ、否応なく自宅作業を余儀なくされてしまいました。

自宅作業は苦手とはいえ、受けた仕事はやらにゃあなりません。
自宅作業を想定していなかったのでそこそこの量をかかえてます、なかなかしんどい日々が続いてます、やる気とのたたかいです。

テレワークするようになってから、作業効率が落ちた、仕事をやる気にならない、以前は楽勝だったことにメチャてこずる。多いんじゃないでしょうか。
たぶん、これが普通だと思います!

コロナに想う

265.gif
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

幸いと言いますか、新型コロナウイルス感染症は落ち着きつつあります。
東京都も非常事態宣言の解除に向けて少しづつですが改善しているようです。

とは言え今年いっぱいは油断の出来ない生活が続くと思われます。
気を引き締めてまいりましょう。


このネタは実は2週間ほど前に描いたものですが、ウカウカしているうちにコロナが収まってきて
「こりゃまずい」とあわててアップしたものです。






備忘録

2019年末、中国・武漢より発生した新型コロナウイルス、当初は楽観視されていましたが2020年に入るや、あっという間に中国本土、韓国そして日本、イタリアをはじめとして世界中へ感染が広がりました。
感染した場合死に至る危険性があるうえ特効薬がないことから、感染を防ぐため世界中で「ロック・ダウン」「ステイ・アット・ホーム」が断行。
交通や飲食などをはじめとした経済が完全にマヒ。未曽有の事態に陥っています。


2020年5月末、感染拡大は峠を越え、各国とも徐々に回復傾向へ。
しかしながら日本でも東京など一部では非常事態宣言が出されたままです。

日本では政府の初期対応が遅れ、その後の対応もグダグダなありさまでしたが、不思議なことに諸外国に比べ感染者数、死者数共にかなり低い水準です。東洋の神秘?