アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
スパえもんによろしく!
ブログ紹介
赤いヘンなデブ、4コママンガ大好評更新中です!

〜スパえもんとは〜
アメリカンコミックス専門情報サイト「Planetcomics」にて連載されていた大人気パロディマンガです。
赤いヘンなデブの変態ぶりを存分にお楽しみください!

画像

zoom RSS

なぜヒーローはパンツをはくのか?

2015/09/07 01:57
画像


今思えば、あながち間違いではなかったのかな、とも思いますw。

はげしい運動をする、プロレスラーやスポーツ選手はみんな短パンかパンツですもんね。




いずれにしてもパンツの起源については諸説あるようで、ファンの間でも議論はつきません。
ただひとつ言える事は「さすがに今の時代ではかっこわるい」ということでしょうか。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


2014年を振り返る〜その3

2015/01/05 04:31
画像


2014年は前年から引き続き、翻訳コミックが花盛りでした。
いったい何冊の本が出版されたのでしょう、ちょっと全体像を把握するのが難しいくらいの量だったと思います。

たくさん出るのはたいへんよろこばしいことで大歓迎なのですが、いかんせんどの本も高い。


アメコミファンを公言している手前
「アメコミ興味あるんですけど高くて・・・」とか
「読んでみたいんですけど、何から読めばいいですか?」
としばしば聞かれることがあります。


値段が高いのは私にはどうにもできないので
「たまには松阪牛でも買う気になってふんぱつしてみたら」
くらいしか言えませんが、「何から読めばいいか」については常に同じ答えをするようにしてます。


「好きなキャラとか表紙とか(値段とか)、自分でこれかなと思うものを選べばいいと思うよ」


アメコミには名作と呼ばれているものが数多くあり、アメコミ好きの人たちは
「バットマン好きならダークナイトリターンズとキリングジョークはあたりまえ」とか
「XメンならまずAを読んで次はB、そしてCを読むといい」など、とかく世話を焼きたがる傾向があります。

かつての私もそうでしたが、初心者にはマニアの理屈は通じないというのが長年の経験でわかりました。


それで「自分でこれかなーと思うもの一冊買ってみて、気に入ったら他も買ってみればいいんじゃない」
となかば投げやりな回答に徹しています。
だいたい薦めた本が「つまらなかった」といわれても責任取れませんし。



ドカベンだって柔道時代から読まなくても、いきなりプロ編から読んだっていいじゃないですか。
大甲子園から球道くんに行くのもぜんぜんアリです。
おもしろければ、続きを買ったり他を探したりいろいろ調べたりするものです。


マンガなんだから好きなもの読めばいいんです。
「マーベル・ゾンビーズはヘルボーイより百倍おもしろい!」でもいいんです。
「ロブ・ライフェルドはアーチストとして完璧!」でもいいんです。
「兎用心棒しか読む気になれない、つうか翻訳本出せよ!」・・・最高です。

2015年もお気に入りのコミックがいっぱい見つかりますように!







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年を振り返る〜その2

2015/01/01 05:42
画像

あけましておめでとうございます。

さっそくですが2015年の抱負は「楽して金儲け」です!(毎年同じですけど)



年が明けて2015年になりましたが、引き続き2014年を振り返っていきたいと思います。


2014年は米国の景気回復に引っ張られて日本にも回復が見えてきた年でした。
安倍政権と日銀の強引な株価対策で日経平均も堅調に上昇。
為替もドル円が105円から121円と大幅に上昇しました。

世間的にはよく円安と言われていますが、厳密に言えばドル高が正しい言い方です。

米ドルはユーロやポンドなどほとんどの通貨に対して強く上昇しており、世界的にみて日本円だけが安くなっているわけではありません。

ただ米ドルは基軸通貨なので、ユーロなどの外貨を日本円に換算する際、ドル高が反映されて結果円安に・・・ってどうでもいいですね!






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年を振り返る〜その1

2014/12/31 06:39
画像
画像

2014年も今日でお終い、みなさまいかがおすごしでしょうか。


今年、年頭に発表されたSTAP細胞
世界がアッと驚きましたが、その発表からまもなく問題が発覚。
その後はグダグダで、細胞は実在するのか?検証実験して調べよう
ってことになったのですが、どうやらないらしい・・・
ってことで一応幕引き。
一年を通して話題になりましたが、最後は研究責任者のオボちゃんの
会見すらなく、あっけない幕切れとなりました。


世間的にはこのまま忘れ去られていくのでしょうが、私は何か釈然としません。



STAP細胞をないことにしないと困る人たちの、陰謀と言うか策略があるように思えてならないのです。
別にオボちゃんがひいきの女優の宮崎あやにちょっと似てるとか、そういう理由ではありません。

実際にあるかないか、ではなく、どうしてもないことにしておかなければいけない的な。
感じませんか、なんかそんな雰囲気?



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ

2014/02/08 21:51
画像


お久しぶりです、フランクです。

2014年2月8日関東は20年ぶりの大雪と言うことで
我が家のまわりも大量に積もっております。



2014年ソチ・オリンピックもきのうから始まりましたね!

と言っても私はそんなに興味ないんですけど。



個人的に一押しのフィギュア選手キーラ・コルピ(フィンランド)は
今大会には出場しませんし・・・。



そうそう、高校生の女子ジャンプの選手にはがんばってもらいたい。
名前思い出せないけど!



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


5番目のビートルズ

2013/12/08 07:11
画像

フランクです。

12月8日は元ビートルズのジョン・レノンの命日です。

このブログでは毎年、ジョンにちなんだアイテムをいろいろ紹介しておりますが
今年はコレ、先月発売されたばかりのコミック
The Fifth Beatle: The Brian Epstein Story  です。

The Fifth Beatle: The Brian Epstein Story
Dark Horse Comics
Vivek J. Tiwary

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Fifth Beatle: The Brian Epstein Story の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



このコミックの主役はジョンではなく、ましてやビートルズでもない。
なんとビートルズのマネージャーだったブライアン・エプタインという男が主役です。

タイトルのThe Fifth Beatleとはポール・マッカートニーの有名なことばで
「もし5人目のビートルズがいるとするなら、そればブライアンだね」から。

60年代、世界を席巻し、熱狂的ファンを生んだ偉大なるロック・グループ、ビートルズですが
ブライアンの出会いがなければ、その栄光はなかったと言っても過言ではないでしょう。
コミックは彼がいかにしてビートルズを作り上げ、世界的な成功に導いていったか。
と同時にゲイとして人知れず苦悩を抱えつつ、彼が32歳の若さでこの世を去るまでの壮絶な人生を描いています。


ブライアンの伝記モノは活字では多くが出版されていますが、コミックとしてちゃんとした形で
出るのは初めてじゃないだろうか。
興味のある方はぜひ読んでみてください。英語だけど。


また、トムハンクス他のプロデュースでブライアン・エプスタインの伝記映画が企画進行中とのこと。
ブライアンを演じるのはベネディクト・カンバーバッチ。
ジョン役は誰になるんだろ?




本の中味を紹介してるサイト
http://thefifthbeatle.com/


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ただいま東京!

2013/10/18 20:43
画像


フランクです。
NYから帰って、今はもう普通に日本の生活に戻ってます。

帰国の際、大型の台風26号が関東を直撃!
私が乗った飛行機は直撃の前夜、ギリギリですべりこみセーフでした。
しかし到着が予定時間よりもおくれ、帰りの電車がなくなってしまい、都内の居酒屋で始発を待つことに。

待っている間もどんどん風や雨が強くなっていきます。
始発が動くかどうかちょっと心配でしたが、どうにか帰宅することができました。



さて今回のNY旅行ですが、ひとつのコンセプトをもって臨みました。
それは「節約」です。
旅行者ではなくNYで生活する人たちのレベルですごせないか・・・・。


思いどおりとはいきませんでしたが、なかなか面白い体験ができました。
詳細は次回に。



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

スパえもんによろしく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる