スパえもんによろしく!

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨーク・コミコン レポートその4 ジェフ・ダロウ編

<<   作成日時 : 2011/11/05 08:37   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

引き続きニューヨーク・コミコン レポートです。
もう帰国してから2週間ほどが過ぎていますが、おくせず続けますよ。

今回はコミック・アーチスト、ジェフ・ダロウ氏について。
ジェフ・ダロウ氏は私が敬愛するコミック・アーチストの一人です。

フランク・ミラー原作の「ハードボイルド」の作画や映画マトリックスのデザインなどで有名ですね。


昨年2010年にニューヨーク・コミコンに行ったときには、ダロウ氏も来場していたにもかかわらず、残念なことにお会いすることが出来ませんでした。
ダロウ氏からスケッチを買ったり、サインをもらったりした友人からの話を聞くにつけ、地団駄踏んで悔しがったものです。

今年2011年!!
昨年の無念をはらすべく、万全の準備を整えて、いざコミコンへとおもむきました。
幸運にもダロウ氏の出展スペースは私たちのスペースのちょうどななめ向かい。


コミコン初日。
なんと初日からダロウ氏がいらっしゃってるではないですか!!
大御所ゆえ、前夜祭の初日はスルーされるものと思っていたので、これは予想外。
氏にサインをしてもらおうと思い、わざわざ日本から持参した「ハードボイルド日本語版」をホテルに置いてきてしまったではないか・・。
不覚!


気を取り直して二日目。
私はタイミングを見計らい、日本から持参した「ハードボイルド」を手に、いそいそとダロウ氏のスペースへ。

スペースにはすでに二人ほどファンがいてダロウ氏と話している。
私はつつましく彼らの後について自分の順番を待つことにした。

するとダロウ氏が「ハイ、ニホンジンデスカ?」と日本語で話しかけてきてくれるではないか!
「イエス! アイ・ケイム・フロム・ジャパン」
「プリーズ、サイン・ディス・ブック」

なぜダロウ氏が日本語を知っているかと言うと、数年前アニメの企画のために日本に滞在したことがあるから。
残念ながらアニメの企画自体はうまくいかなかったそうですが、ファンの間では親日家として知られていると言うわけです。

私は「持参した本が15年以上前に買ったものだが、いまだフェィバリットブックであること。
私もアニメ関係の人間で、友人からあなたが日本に滞在しているのを聞かされていたが、会う機会がもてなかったこと、などをつたない英語で何とか伝えました。

「マルヤマサンを知ってますか?」とダロウ氏。
「マッドハウスのプレジデントのマルヤマさんですか、はい知ってます」
「・・・・ムズかしいです」(このあたり英語の日本語のチャンポンの会話でした)

マッドハウスとダロウ氏の間に何があったかはわからないが、アニメ制作においては企画の頓挫は何ら珍しいことではない。


画像
銀のマーカーでサラッと絵も描いてくれました!
「連絡して」とメアドも添えてくれたので、その部分は塗りつぶしてあります


ダロウ氏は本にサインを終えた後、自分のカバンをまさぐり中から一枚の絵を取り出した。
そしてその余白になにやら書き始めた。
「これをもっていって、どうぞ」

え?!

これって・・・原画(生)じゃないですか?!!!!

画像

しかも余白には・・・
「OTSU KARE SAMA DESU!」とまで書いて・・・!!!!

な、、、なんという!!
「ふぁっっ、あいせー  さ、さんきゅー、ぶぇりーまっち・・」

私は想定外の出来事に一気に興奮と緊張が高まってしまい、それまで比較的リュウチョウに話せていた英語もシゴロモドロに。
しまいには「シツレイいたします」と日本語であいさつする始末。
でもニコニコと笑って手を振ってくれたから、通じたのかも。

隣にいたファンの兄ちゃんが「ユー、ラッキーガイだね!!」とか何とか言っていたような・・・
だよね、メチャメチャらっきーガイだよ、どう言えばいいのってくらい、ラッキーだよ。


人間は興奮と緊張が高くなりすぎると体の自由がきかなくなるようだ。
わずか十数メートルはなれた自分たちのスペースに戻るのに、リハビリ中の患者か?!と思うくらい足が自由に動かない。
足ばかりか体中がガチガチになっていて、顔も引きつっているのがよくわかった。
いやあ、いい年して生まれて初めての体験です。


画像

コミコン最終日の会場前、ダロウ氏のスペースにあいさつも兼ねて日本から持ってきたお菓子を差し入れに持って行きました。

「オハヨウゴザイマス」日本語であいさつしてくれるダロウ氏。
おぼえてくれていたのか、うれしい。
「おはようございます、ウッジューライク・ジャパニーズ・スゥィーツ?」
「オー!アリガトゴザイマス」
柿の種やポッキー、ポテトスナックなどを机の上に並べる。
「これ、おいしいんだよね」とアーモンドチョコを指すダロウ氏。

どうぞ、どうぞ、全部どうぞ!!

「これらは原画とサインのお礼です、とても十分とはいえませんが。
 これからもずっとあなたのファンを続けていきます。」



画像

ジェフ・ダロウ氏は想像以上にほんとにいい人でした。



ニューヨーク・コミコンはいろいろと楽しいことやうれしいことお得なことがありましたが、やはりダロウ氏と話せたことが一番でした。
ありがとうございました!!

画像

ついでの紹介で心苦しいが、フィリップ・タン氏とニール・アダムズ氏からもサインをいただきました。
ニール氏はもう超大御所然としていてとくにファンサービスはありません。貫禄十分です。
タン氏は昨年のコミコンで知り会ってから、もはや「友人」と呼べる関係です。
タン氏についてはそのうち改めて話をしたいと思います。





Hardboiled
Dark Horse Comics
Frank Miller

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hardboiled の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





The Big Guy and Rusty the Boy Robot
Dark Horse Comics
Frank Miller

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Big Guy and Rusty the Boy Robot の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ、ニールにサインをもらったですか?
いいなぁ

(o・。・o)あっ ニールのブースを事前にお教えしたの俺じゃないっすか
お土産はないといいつつ、俺が持ってる「テールズ・オブ・デーモン」と交換して下さる?
ありがとござまぁすw

ウソです
ぷっちゅ
2011/11/07 02:15
ビル・シンケビッチも来ていたんだよね!
わりとノリのいい感じの人でした。
サイン用のコミックを確保して翌日臨んだらその日はお休みでした・・ざんねん!!
フランク
2011/11/10 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨーク・コミコン レポートその4 ジェフ・ダロウ編 スパえもんによろしく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる