スパえもんによろしく!

アクセスカウンタ

zoom RSS へへ・・・そこでアッパーでくるとはよ

<<   作成日時 : 2011/02/21 04:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

どういうワケかここ数週間、会う人ごとに
「あしたのジョーの映画、どうでした?」とたずねられる。

あしたのジョー観てきたよ!と触れ回ったわけじゃないのにだ。

まあ、理由は想像に難くないけどね。


最初は普通に「これこれこんな感じで、やっぱこうだねー」
みたいな感じで丁寧めに答えてたんだけど、そのうちだんだんと同じ答えをするのが
面倒になってきた。
「うーんイマイチかな、金出すなら他のにしなよー」みたいに。
そっけないヤツだなーと思われたろうが、20人近くも同じコト聞かれたら、そうなる
でしょう。


なわけで、これからは「あ、ブログ見てー」って言うことにします。
聞いてくる人はたいがいブログの読者だし。




私は公開前の試写会が運良く当たったので、それで観ました。
これが当たらなかったら、たぶんお金出しては観てないでしょうね。


話はジョーがドヤ街に来てから、力石が死んで、再びジョーが戻るまで。
話の区切りとしてはいいと思いますが、単行本にして9冊分を2時間に納めるのはかなり厳しい。

当然映画は話の本筋を追うだけになっていて、人物の性格描写や心情の変化などはほとんどナシ。
なぜにジョーと力石があれほどの対抗意識をもっているのかが、観ている観客に伝わってきません。
少年院でのエピソードや、プロになる際のゴタゴタもないです。


役者はけっこうがんばっていると思います。
段平役の香川照之はかなり原作のイメージに近いです
特殊効果のようなメークをして、ともすればお笑いになってしまうところを、ちゃんとリアルな
人間として演じていた。
彼の演技はこの映画の数少ないポジティブ評価の一つ。
段平以外では力石はまあまあ。アニメの力石のイメージに近いかな。
体をものすごく絞り込んであって、役作りでやったんだとしたら大したもの。

ほかは普通ー。倍賞美津子は何で出ていたのか意味不明。
津川雅彦は完全にミスキャストです。
もしかして監督は津川に演技指導できなかったのか?と思うくらいイメージとかけはなれてます。


以外にも観客のほとんどが2,30代の女性だそう。
主役の山下智久目当てなんでしょう。
つうことは製作者の狙いがズバリ当たったってことだよな。

初めからかつてのマンガの読者を取込む気はなかったのかもしれない。

だったら私のように原作をバイブルにように思ってる人には、満足なんかできるはず
ないんだわ。



で、まとめると、
どうしても気になるなら観ればいいが、オススメはしません。
待てるなら待って、借りて観てもいいと思います。


後数年もすれば「そんな映画もあったねー、主役のジョー誰だったっけ?」
てなことになると思います。






ブログ内「アニメ」テーマで検索するとジョー関連のマンガがヒットします。
http://supaemon.at.webry.info/theme/09ebc389a0.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
へへ・・・そこでアッパーでくるとはよ スパえもんによろしく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる