スパえもんによろしく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐怖のブラックアウト

<<   作成日時 : 2009/10/19 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

何なんでしょうか、一体?!

少なくとも呪いの類ではないと思うので、ウィルスチェックとかも
してみたのですが、引っかからず・・・

そのうちまた「暗くなる」ことがあると思うので、それまでは
ビクビクしながら使っていこうと思います。




半年に一度のお楽しみ、
「ユーロマンガ」の最新刊3号が発売になりました!

ユーロマンガ vol.3
飛鳥新社

ユーザレビュー:
出す側の本気を感じる ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


無事に出てよかった・・・と言うか、
2号よりもかなりグレードアップしてるじゃないですか!
もしかして売れてきてる・・・のかな。

だとすればすごくウレシイのですが。


私の周辺ではあまり話題になっていないので、せめてこのブログでは
大々的に話題にしたいです。


前にも書いたと思うけど、出版を心待ちにしている本って
今現在これくらいなのですよ。

とにかくね〜、フランスやイタリアのマンガは絵がきれいです!
一コマごとの作りこみが尋常ではないです。

アメコミも魅力的な絵はいっぱいあるけど、総じてヨーロッパの
ほうが絵のレベルは高いと思うなあ。
(ストーリーの多彩さ面白さでは、断然日本のマンガだと思うけどね。)

インターネットが普及した今、フランスの洋書も手に入れるのは簡単になりました。
しかしですね、英語はどうにかなるのですが、いかんせんフランス語は
まるでわからんのです。
読みたくても読めんというのは歯がゆいじゃないですか。
ユーロマンガはそんな歯がゆさを解消してくれる唯一の本なわけです。


ユーロマンガをまだ知らないという人、気になってるけどまだ見てない
って人は、まずオフィシャルサイトを見て欲しい。
本の内容やサンプルの絵が見られます。
そこでビビッと感じるものがあったら、ぜひ本を手にして欲しい。

ユーロマンガは飛鳥新社という、どちらかというとマイナーな出版社から
出ている本なので、ちっちゃい本屋には置いてないかもしれません。

紀伊国屋やジュンク堂など大きめの本屋さんか、ネット通販で手に入れてください。



この本には一号でも長く続いてほしいと思っています。
気に入った人はぜひお友だちなどに紹介してあげてください!


ユーロマンガ・オフィシャルサイト
http://www.euromanga.jp/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐怖のブラックアウト スパえもんによろしく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる